Stardew Valley 農場経営 #10

二年目の夏 ~第1週~

夏の作物

 春が終わり、夏がやってきた。季節の変わり目でやることはいつも同じく、畑の手入れから。枯れてしまった春の作物を片付け、ピエールの商店に夏の作物の種を買いにく。2年目からはピエールの商店に並ぶ商品の顔ぶれが少し変わる。今年からは赤キャベツの種が買えるようになった。春のうちに畑に使う場所を整えておいたので、種まきはいつもより楽にできた。全部で24×8マスとつる棚用に設けた32マスの計232マスを農地として利用している。2年目の夏を迎えて、少しずつ農場が機能的になってきた。

二年目の夏 ~第2週~

馬小屋

 堅い木がようやく100個集まったので、10,000ゴールドを支払ってロビンに馬小屋を建ててもらった。馬小屋には馬も一緒に付いてくる。馬は移動速度が速く、移動に使う時間を減らしてくれる。

巨匠カノーリ

 秘密の森の一番奥に鎮座している石像、巨匠カノーリは最高の甘さを追求している。その最高の甘さとはスイートジェムベリーだ。スイートジェムベリーは行商人から購入できる珍しいタネを28日間育てることで入手することができる。温室で育てていたスイートジェムベリーが成長して収穫できたので、最高の甘さを追求する巨匠カノーリにプレゼントしてきた。お礼としてスタードロップが貰えた。

ルアウパーティー

 今年も「ポットラックスープ」を作るルアウパーティーがビーチで開催された。そして今回も知事にスープの味を評価してもらう。今年はヤギのチーズを鍋に投入し、最高評価が得らえた。

二年目の夏 ~第3週~

コミュニティセンターの復興

 ついに全てのバンドルをコンプリートしコミュニティセンターが復興した。1年目の春に初めて入ったころに比べると、コミュニティセンターは見違えるようにキレイになった。実績「町の伝説」を解除した。