『あつもり』無人島生活 #3

島の施設

案内所

「あつまれ どうぶつの森」が発売されてちょうど一か月です。何もなかったふろすと島は徐々に発展し、仮設テントだった案内所がたぬき開発の手によってリニューアルされました。広場も舗装されて良い感じです。

そして、案内所のリニューアルオープンとともに本日からふろすと島にスタッフとしてしずえさんが加わりました。島の住所がどんどん増えていきます。

しずえさんは島の相談窓口みたいな役割を担っていて、住人の嫌な口癖だったり、気に食わない服装を変えさせたりすることができます。

Sponsored Link

キャンプサイト

案内所のリニューアルが終わり、今度はたぬきち社長に依頼され観光客を呼び込むためにキャンプサイトを設置しました。このたぬきはなかなかに人使いが荒い。キャンプサイトに必要な資材は「木材x15」「やわらかい木材x15」「固い木材x15」「鉄鉱石x15」とそこそこ重めです。

キャンプサイトが完成した翌日にはさっそく観光客が訪れます。訪れた人(どうぶつ)はこの島に興味を持っているようなので、ふろすと島で暮らすように勧誘しました。勧誘した後はたぬきち社長にその旨を伝え、やさおさんの家(10,000ベル)を用意しました。

以後はランダムでキャンプサイトに観光客が訪れるようになるので、気に入った子が入れば勧誘しふろすと島の住人を増やします。

エイブルシスターズ

たぬき商店が出来上がってからちょくちょく見かけるようになったハリネズミのきぬよさんのお店が完成しました。これまでは広場で露店売りをしていたけど、本格的にここで商売を始めるそうです。

きぬよさんのお店、仕立て屋「エイブルシスターズ」では衣類を購入することができる他、マイデザインで作った洋服をお店に展示することができます。

Sponsored Link

早速、マイデザインで「Razer Cap」、「Razer ロゴT」と「nVidia ロゴT」を作りました。ふろすと島ではゲーマー向けのアパレルを販売しています。自由に表現できるマイデザイン楽しいです。

ハリネズミが裁縫をしている姿がとても可愛い。

たぬきちの野望

プロジェクトK

さて、今までたぬきち社長に言われるがままにこの島の発展に貢献してきましたが、どうやらたぬきち社長には「プロジェクトK」なる大きな計画があるらしく、その話を持ち掛けられました。

その「プロジェクトK」と呼ばれる計画は、とたけけをふろすと島に呼び、ライブを島で開催することです。どうやらこの社長はとたけけの熱狂的なファンらしい。

もしかしてこの無人島移住パッケージを用意し、無人島開発を手掛けたのも全てはとたけけ単独ライブを開催する「プロジェクトK」のためだったのでは。

島の評判

人気アーティストのとたけけをふろすと島に呼ぶにはこの島がそこそこ有名になっていないといけないので、島の評判を上げます。

島の評判は柵の設置や花を植えるなどで景観を整えたり、住人を増やしたりすることで上がります。橋を架けたりなどのインフラ整備も大事な要素です。橋や坂は値段が張るので、金策を考えないといけませんね。

島の評判はしずえさんに尋ねると教えてくれます。住人から寄せられた声をもとにこの島に足りないものを教えてくれるので、こまめに尋ねて確認すると良さそうですね。

どうやらまだまだ住人が足りないようなので、まずは土地を用意し住人を増やしていきます。

たぬきち社長に従いとたけけライブ開催を目指します。