『あつもり』無人島生活 #4

とたけけライブ開催を目指して

三つ星の条件

とたけけライブを開催するにはとにかく島の評判を三つ星まで上げなくてはいけません。wikiを参考にしたところ以下の条件を達成することで島の評判が3になるみたいです。ふろすと島の評判はまだ一つ星なので、やることはたくさんあります。

  • 橋や階段を設置・・・2
  • 家具を設置する・・・40
  • 柵を設置する・・・・50
  • 花を増やす・・・・・200
  • 木を増やす・・・・・100
  • 住人を増やす・・・・8
  • 雑草を減らす
Sponsored Link

移住者を募る

とにかくまずはふろすと島の住人を増やします。住人の増やし方は、「キャンプサイトに来たどうぶつに住み着いてもらう」「土地を売り出して勝手に来るのを待つ」「離島のどうぶつを誘う」などありますが、今回はマイル旅行券(2,000マイル)を使って離島にいるどうぶつに声を掛けに行きます。離島にどうぶつがいないこともあるので、貯めこんでいたマイルをたくさん使いましょう。マイル節約のためにどうぶつ厳選はやめておきます。

マイル旅行券を島の空港にいるモーリーさんに渡すと離島まで連れていってくれます。飛べない鳥のドードーが航空会社の名前になっているのがちょっと面白いです。

Dodo Airlines 受付カウンター

離島での出会い

最初に出会ったのはアリクイのあるみさんです。話しかけたところあるみさんは現在の生活に不満がある様で、新生活を求めていたあるみさんとふろすと島に住み着いてくれるどうぶつを探していた私と利害関係が一致しました。

続いて訪れた島にいたのはタコヤくん。タコというより、ただのたこ焼きです。きっと口癖の「せやねん」は、タコだからたこ焼き、たこ焼きだから関西弁にされたんでしょう。

頭に爪楊枝が刺さっているとってもキュートなタコヤくんもふろすと島に住み着いてくれることになりました。

あるみさんとタコヤくんの引越しが完了し、ふろすと島の住人が8人に増えたのでしずえさんに評判を確認したところ、二つ星になっていました。ライブ開催まであと少し。

三つ星を目指して

しずえさんに島の評判を訪ねるとこの島に足りないものを教えてくれるので、時折確認しながら三つ星を目指します。

Sponsored Link

景観を整える

花を植え、柵を設置し景観を整えます。ついでにテキトーに配置していた家を移動し、居住区の区画整理をしました。だた、移動させるのに1軒あたり50,000ベルは少々高額ですね。よく考えて移動させましょう。

続いて家具類などを設置していきます。とたけけライブの開催を目標にしていることはどうやら住人の間で噂になっているらしく、時折どうぶつが家具をプレゼントしてくれます。

タヌポートやタヌキ商店、プレゼントしてもらった家具類をとりあえず並べておきました。島の評判にはとにかく個数が必要なので設置する場所はどこでも構いません。後でかたずけましょう。

橋の設置

次はインフラ整備を整えていきます。橋または階段を設置するので、案内所にいるたぬきち社長に工事のお願いをします。

設置場所を決めるとこのようにハニワくんが工費を請求してきます。もくせいのはしは168,000ベルと高額です。

相変わらずの突貫工事で費用が集まった翌日には完成していました。

雑草引っこ抜き美化キャンペーン

最後に雑草を引き抜いて島をきれいにします。空き缶などのごみ類が落ちていると評価が下がるので島中を走り回ってきれいにします。

「あつまれ どうぶつの森」コミュニティ内には雑草抜きを専門とする業者もいるらしいですね。

ライブ開催決定

しずえさんのアドバイスに従いながら島を美化した結果、ふろすと島の評判はようやく3つ星になりました。3つ星になってすぐにとたけけと思わしき人物から届いたメッセージをしずえさんが読み上げてくれました。

たぬきち社長が取り乱しながら早速とたけけに電話をかけ、ライブ開催までこぎつけました。ここぞというチャンスを逃さないやり手社長ですね。

個人の電話番号を知っているような仲ならわざわざ島の評判を上げなくても来てくれたんじゃないかな…