Stardew Valley 農場経営 S2 #1

3年目の春 ~第2週~

久しぶりにスターデューバレーをプレイしました。アップデートされた要素を楽しみます。1週目を飛ばして2週目からです。

特別注文

町に行くと町長の家の前に看板が出来上がっていました。週に一度選択制で特別注文を受けることができます。それに応じて特別な報酬がもらえるのでやっておいてきっと損はないでしょう。特別注文は納品するものの量が多かったりしますが7日間あるので間に合わないことはないはず…!

特別注文を完了するとそれに応じたイベントが発生します。今回はロビンの販売店で「豪華な赤いダブルベッド」が販売されるようになりました。一週間ごとにしか受注できないので全種類終わらせるには時間がかかりますね。地道にやっていきましょう。

3年目の春 ~第3週~

ジンジャーアイランド

バージョン1.5によって追加された新フィールド「ジンジャーアイランド」へ行きます。ジンジャーアイランドへ行くにはウィリーの船を修理する費用があります。

船の修理に必要な材料は、堅い木200本と電池5本、イリジウムの延べ棒5本です。堅い木を200本も集めるのが一番大変です。

船の修理を終えたのでいよいよジンジャーアイランドへ。ウィリーの釣具店で1000Gのチケット代を支払って向かいます。割と高い!

ジンジャーアイランドへたどり着くとそこには謎の少年?青年?が居ました。プレイヤーのことを警戒しています。彼と仲良くなるにはこの島に住み着く鳥たちの要求に答えてあげることで信頼を得ることができそうです。

鳥たちの要求は島のあちこちに点在している金のクルミです。木に成っていたり、地面に埋もれていたり、本当にいろいろなとこにあります。

金のクルミを10個集めたので鳥にあげると、通せんぼしていたカメさんをどかしてくれました。西エリアが開放されました。ジンジャーアイランドはとても広いですね。馬を一緒に連れて行きたいです。コーヒーがぶ飲みで移動速度を上げてしのいでいます。

何度か鳥たちの要求に答えるとついに先ほどの少年?青年?が口を利いてくれるようになりました。レオと名乗るその少年?青年は、島に住む鳥たちを家族だと思っているみたいです。

ジンジャーアイランド西部

ジンジャーアイランドの西は一番広いエリアで、スターデューバレーの農地のように耕して作物を育てることができます。荒れ果てているのでそのうち綺麗に整備します。

金のクルミを20個支払って小屋を修復してもらいました。ここで寝泊まりをすることもできます。

ジンジャーアイランドの人々

ジンジャーアイランドにはレオの他にももう2人ほどいました。

1人は北部の洞穴に閉じ込められていたスネイル教授。この島のことを調べているらしいです。

もう1人は西部の海辺にいたバーディーという女性。船長だった亡き夫の遺品を探しています。